読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
たまに映画、展覧会、音楽など。

多和田葉子『雪の練習生』

雪の練習生作者: 多和田葉子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/01メディア: 単行本 クリック: 24回この商品を含むブログ (50件) を見る 「読書をするなら、自分には理解できないかもと思う本を選べ」 という言葉を聴いたことがあるけれど、この本はまさに…

江國香織『なかなか暮れない夏の夕暮れ』

なかなか暮れない夏の夕暮れ作者: 江國香織出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2017/02/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 海外のサスペンス小説にのめり込んでいる中年男性の小説。 と書いてしまうと何だか渋いような気がしてしま…

「エリザベス・ペイトン展:Still life 静/光」(原美術館)

どんな絵なのかを言葉で表現し難しい絵だった。でも、とてもよかった。 色も形も構想もマチエールもとてもよかった。 人物画、静物画とあるけれど、最初はマティスに少し似ていると思い、マネのようだという感想を聞き、ピカソのような佇まいの絵もあれば、…

多和田葉子『溶ける街 透ける路』

溶ける街 透ける路 作者: 多和田葉子 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2007/05 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (30件) を見る 「あ、この作家は当たりだ」と本を開いた瞬間にわかってしまい、思わず閉じてしま…

塩田武士『罪の声』

罪の声作者: 塩田武士出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/08/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見る グリコ森永事件をモデルにした小説である。社長の誘拐や、菓子への毒物混入などの重罪を犯したこの事件は、警視庁による重要指定事件と…

小川洋子『アンネ・フランクの記憶』

「『アンネの日記』に影響を受けて作家になった」と、 小川洋子は言っている。 その小川洋子が、アンネのいたアムステルダムを訪れ、 アンネと関わった人たちに話を聴いたというのが本書。 『アンネの日記」でしか会ったことのなかった人たちが、 実際に現代…

西加奈子『i』

i(アイ)作者: 西加奈子出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2016/11/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見るアイデンティティのアイ、愛情のアイ、虚数という存在しない「i」、私の「I」。移民生まれで、アメリカ人と日本人の裕福な夫婦のもとに…

原田マハ『太陽の棘』

私は絵が好きだ。日本画西洋画かかわらず。しかし、明治〜昭和の日本人画家の描く洋画は、 西洋絵画(特に印象派)を取り入れたにも関わらず、 どことなく暗く、おどろおどろしいタッチのものが多く、 私はあまり好きではない。 (もちろん好きな画家はいる…

村上春樹『騎士団長殺し』

この作品は今後、村上春樹文学論を語るには決して外せない作品になる。面白さや読みやすさはないけれど、 村上春樹史上の最高傑作かどうかは疑問だけれど、 文学作品として、とても異色で、非常に高度な作品であると思う。 読みながら「ああ、いつもの村上春…

平野啓一郎 『マチネの終わりに』

『マチネの終わりに』(平野啓一郎、2016年、毎日新聞出版)「人は変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。 だけど、実際には未来は常に過去を変えているんです。 変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。 過去は、それくらい繊細で、感じや…

小川糸 『ツバキ文具店』

『ツバキ文具店』(小川糸)文字の深さがあった。それも、手書きの文字。 主人公の鳩子(ぽっぽちゃん)は、厳しかった祖母から鎌倉の代書屋を引き継ぎ、 「ツバキ文具店」という看板を出して、文房具を売るかたわら、 誰かの代わりに手紙を書く仕事をしてい…

恩田陸『蜂蜜と遠雷』

恩田陸『蜂蜜と遠雷』ひたすらに音楽が流れていく小説。 国際ピアノコンクールの予選から本選までが、 息つく間もなく描かれている。 コンクールは1人あたり、10数曲を弾く。 次から次へとクラシック音楽が文章で描かれ、 音となって聴こえるのは、 私が知る…

映画「エベレスト」

映画「エベレスト」最近よく山に登る。 それに伴って、本や映画も山に関するものが多くなってきた。 今話題の映画「エベレスト 3D」。 1996年のエベレスト大量遭難事故をもとに描かれた今作は、 極限状況での人間の描き方や、 もはや人間にはどうすることも…

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』 何が異色の小説なのかというと、物語の世界観がわからないまま物語が進む点。 その謎は、主人公たちの成長にあわせて理解できるところだけが、 大人によって意図的に(!)少しずつ明らかになる。 その片鱗を辿りな…

平野啓一郎 『本の読み方 スロー・リーディングの実践』

平野啓一郎著 『本の読み方 スロー・リーディングの実践』「本を読む」とはどういうことか。本屋に行けば、速読法の本が溢れている。皆、より多くの本を手にとろうとしている。 それもひとつの読書法であり、否定するつもりない。 だが、本を読むことはだ単…

「フランシス・アリス展」(東京都現代美術館)

フランシス・アリス展を観た。 ちょっとはっとした。砂塵を巻き上げる竜巻の中へカメラ片手に突入していく映像。 20分以上はあった。 その部屋に入ると、大きなスクリーンの前に、枕と敷布団が何個も用意されている。 つまり観客に「どうぞ寝ってころがっ…

「アントニオ・ロペス展」(Bunkamura)つづき

アントニオ・ロペス展を鑑た。 スペインで活躍中のリアリズム作家。 日本で今流行に極みみある「写実ブーム」だが、いったい写実とは何か?を 問い直す最高の機会を、bunkamuraがつくってくれたと思う。ロペスの作品は決して写真ではない。 確かに画像で鑑る…

「夏目漱石の美術世界展」(東京都藝大美術館)

「夏目漱石の美術世界展」を鑑た。 @藝大美術館 http://www.tokyo-np.co.jp/event/soseki/outline.html まさに漱石脳内美術館。 「吾輩」の装丁から始まり、 漱石が留学時代に見た ターナー、ロセッティ、 ジョン・エヴァレット・ミレイ、 サルヴァトール・…

村上春樹『色彩をもたない多崎つくると彼の巡礼の年』

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年』について ネタバレなし。引用あり。 ストーリーは興味深くて最後まで読ませるだけの力はあったし、 「色彩」を軸に小説を進めつつ、 彼とヒロインとの会話は素晴らしいものであったけれど、 構成に関して…

「五百住乙人展」(京橋・金井画廊)

良い絵があった。「うずくまる」F8号 五百住乙人 「緑だ」と思った。全体が緑がかっている。 真ん中に大きく描かれた女性は横向きで、ひざをかかえてうずくまっている。 その女性と背景も全て淡い緑色。 女性は沈んでいるわけでも考え込んでいるわけでもな…

絵に刻む

絵を観るのと、本を読んだり映画を観たりするというのは、 全然違うと思う。絵を観るのは、絵から何かをもらうだけじゃなく、 絵に、自分の何かを刻む感覚に近い。部屋の片隅に飾ってある絵は、 とある洋画家が描いた男女の絵。 冷蔵庫近くに張ってあるカレ…

「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー展」(横浜美術館)

ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー @横浜美術館沢木耕太郎『キャパの十字架』をようやく読み終え、美術館に行けた。ゲルダ。 同じ女性として、ゲルダの生き方は衝撃的だけど、 その激しさが作品にも見てとれた。 26歳で取材中に命を落とし、 以来、キャパの…

エル・グレコ展(東京都美術館)

2013年春 展覧会まとめ(2) エル・グレコ展さてと。 先輩と後輩の展覧会も観てくれたかね? ラファエロ先輩(ルネサンス)、ルーベンス君展(バロック)。 東京では今、いろんな西洋美術展覧会がおこなわれていて、 私たちのような過去の芸術家からしてみ…

クラコレ展(三菱一号館美術館)

クラーク夫妻が集めた印象派前後の作品。 とりわけルノワールの収集に熱心だったみたいで、 日本にあるルノワール作品とは質が違う。 見処はルノワール部屋の10数点。 他にも、コローからピサロ、シスレー、ドガ、カサット、モリゾなど。作家に関係なく青系…

「会田誠展」(森美術館)

会田誠展「天才でごめんなさい」@六本木森美術館会田クンって、デッサンできるのよね。 もちろんそれだけじゃないわ。 なんていったってカオもいいし、頭もいいんだから。え、どういうことかって? アンタ、展覧会観たのにわからないわけ? アンタバカァ? …

演劇「ねこねこでんわ」(小劇場楽園・下北沢)

「解釈は自由である」 「物事は底辺からはじまる」そんな言葉が飛び交う演劇を見た。 まさに言葉が“飛び交”っていて、劇中ずっと何かしら言葉が発せられていた。 面白いのは、登場人物の台詞ひとつひとつにそんなに意味はなく、 言葉の乱取り稽古に近いよう…

「アントニオ・ロペス展」(Bunkamura)

アントニオ・ロペス展を鑑た。 スペインで活躍中のリアリズム作家。 日本で今流行に極みみある「写実ブーム」だが、いったい写実とは何か?を 問い直す最高の機会を、bunkamuraがつくってくれた。ロペスの作品は決して写真ではない。 確かに画像で鑑ると、写…

2012年の終わりに

悲しい哉、 日本人は30人の海外画家を思い浮かべることはできるのに、 日本人画家で30人は答えられない。美術の教科書を見ても、近代の日本人画家として知られているのは、 黒田清輝、浅井忠、青木繁、岸田劉生、……? 近代の洋画家といえば、ゴッホ、ゴーギ…

パリ、ユトリロ、雪

ユトリロの「白」は、うすいブルーグレイで、 その色で表現される雪は、本物のそれよりも雪らしいような気がする。 雪だけではない。 ユトリロの描くパリの街――とりわけ建物の壁や道――は、パリよりもパリらしいと思う。 なかには、パリの街にユトリロが色を…

「リヒテンシュタイン展」(国立新美術館)

きらびやかで豪勢な予感。が、的中の当展。 そもそもリヒテンシュタイン城がこんなにもロマンチックだ。オーストリアとスイスの間にあるこの小さな国(≒小豆島)は、 1719年に独立し、伯爵(現在は国家元首兼)がずっと国を守ってきた。 今も伯爵家が住むこ…

原田マハ『楽園のカンヴァス』

絵画は、 完全に物語を閉じ込めることができると思う。 本や映画は登場人物の趣味なり悩みなり (子どもはいるのかとか、人生に飽き飽きしているとか) を知ることができるけれど、 絵画は描かれている人物が何を考えているのか、 想像をめぐらせることしか…

安倍龍太郎 『等伯』

『等伯』 ーー安土桃山時代の絵師・長谷川等伯の画物語。戦国時代。嵐のような時代。 その時を駆け抜けた絵師の中で、 政(まつり)事と関わらずに 名を残した者がいるだろうか。時代を代表する狩野永徳も 力強い筆致で信長の肖像画を描いたが、 のちに秀吉の…

「シャルダン展」(三菱一号館記念美術館)

シャルダンが生きた18世紀フランスというのは一言で言えば“ロココ” ――雅宴(フェート・ギャラント)――の時代。 浮かんでくるのはフラゴナール、ヴァトー、ラ・トゥール、プーシェ…… 華やかな貴族風俗画、恋愛画が宮殿の壁を飾った画家たち。 フラゴナールの…

語り夜ver.1 『物語に彩りを  第五章』 

物語に彩りを 第五章 71年間、塗り重ねられた色 長い話になりました。おや、もうすっかり日が暮れてしまった。 一段とまた冷え込みましたな。 ピートが暖炉の前で眠り込んでしまいましたね。 御老人、せっかく来ていただいたのに、こちらが話してばかりで申…

語り夜ver.1 『物語に彩りを 第四章』

物語に彩りを 第三章 加わった色は暗色か明色か 運命の綻びは数週間後でした。 5月になってすぐ、ドイツ軍がユダヤ人自主退去を発令。 祖父はポーランド人なので問題なかったのですが、 予感は的中してしまいました。 ある昼下がり、めったに鳴らない画廊の…

語り夜ver.1 『物語に彩りを  第二、三章』 

物語に彩りを 第二章 淡く儚い緑色 時刻はそう、その絵が描いているような夕暮れ時でした。 祖父が聖マリア教会の傍を通りかかると、 何かをじっと見つめている10歳ぐらいの少年を目にしました。 靴も服もボロボロ、けれど不思議なオーラを放っていて、 色で…

語り夜ver.1 『物語に彩りを  第一章』 

『物語に彩りを』 はじめに 1940年、そして2011年のポーランドの都市、クラクフ。 クラクフは、ポーランドの京都と呼ばれ、 聖マリア教会、市庁舎、織物取引所、ヴァヴェル城などを中心に 市街地が広がっている。 13世紀に建てられた聖マリア教会からは、毎…

華恵 『本を読むわたし』つづき

前回の本夜vol.2『本を読むわたし』(華恵)。 華恵さんの話にはつづきがある。先月「連塾」というイベントで 華恵さんがトイピアノを使って「はせがわくんきらいや」を朗読していたのが、 私が華恵さんの本を読むようになったきっかけ。 (「はせがわくんき…

華恵 『本を読むわたし』

2011年、出会えて一番嬉しかった本。 『本を読むわたし』 華恵 筑摩書房 「いつも本があった」という華恵さんの、本(物語)についてのエッセイ集。 ひとつひとつの物語にくるまれているような感覚になった。 今夜はその中のひとつについて書こうと思う。 「…

ヨースタイン・ゴルデル 『ソフィーの世界』

『ソフィーの世界』 ヨースタイン・ゴルデル NHK出版「あなたは誰?」 もうすぐ15歳になる女の子・ソフィー・アムンセンの元にそんな手紙が届けられる。 哲学の先生・アルベルトから届く膨大な手紙。 哲学講座の始まりだ。 「あれからもう随分経つのね、…

「青木繁展」(ブリヂストン美術館)美文方程式Vol.4

美文方程式Vol.4 「光あれ」 美術 <『それから』> 文学海底、それは誰も知らない2人だけの世界。 心地よい世界、命生まれる場所。 それを描いたのが前回紹介したこの作品。「わだつみのいろこの宮」 1907年(明治40年) 白馬会で3等賞という不当な結果に…

「青木繁展」(ブリヂストン美術館)美文方程式vol.3

美文方程式vol.3 「Paradise Under The See」 〜 美術 <「大つごもり」> 文学 紺碧という色に恋して、もう何年になるだろう。それは深い海底の色、人が知ることのできない地球の素顔。 海……それは命漂う世界、身体のようにふわふわと命泳ぐ。 心のように…

「青木繁展」(ブリヂストン美術館)美文方程式vol.2

美文方程式vol.2 「浜から海をみる」 〜美術 <「海の幸」> 文学 舞台は、海から始まる。 目を閉じてみよう。 潮の香りと、打ち寄せる波の音に身体を預けてみよう。 白い波が静かに浜に寄せるその永続的な繰り返しに心を預けてみよう。 足裏の砂粒を感じた…

「青木繁展」(ブリヂストン美術館)美文方程式vol.1

美文方程式vol.1 「間合いをとる」 江國香織と辻一成の2人によって編まれた小説『冷静と情熱のあいだ』。冷静 < > 情熱あおいと順正にとって、この“あいだ”には何があったのだろう。 揺れ動く2人の感情、過去と現在の錯綜、ミラノとフィレンツェという…

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立美術館)後記 

国立新美術館でおこなわれた「ワシントン・ナショナル・ギャラリー」。 せっかくの機会だったので、テーマもいろいろ変えてみました。 レイモン・クノー『文体練習』という本をめくりつつ、 図録をめくりつつ、画家それぞれの人生を調べながら……。 いろんな…

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立美術館)08

第三章 ポスト印象派以降 7. 青い意思 フィンセント・ファン・ゴッホ「自画像」1889年 不吉な風が吹いている 遠くで雷が鳴っているわたしは…… 問いかけられる 責められる 考える うなだれる 温度が下がる 足がすくむ だけど見入ってしまう目をそらし続けて…

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立美術館)07

第三章 ポスト印象派以降 印象派が切り開いた新しい美術の地平。 都市と周辺の身近な情景を主題に、 明るい色彩と素早いタッチで戸外の光を表現した印象派の絵画に魅惑されたのが、 ポール・セザンヌ、 ポール・ゴーギャン、 フィンセント・ファン・ゴッホ、…

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立美術館)06

第二章 印象派 5.青の欠片を拾った メアリー・カサット「青いひじ掛け椅子の少女」 親愛なるキティーへあなたから手紙の返事がもらう前に、私は既にこうしてあなたへの手紙を書き始めています。 前回のお手紙でお伝えしたように、 ようやく自分の絵がふさ…

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立美術館)05

第二章 印象派 4.こんなドレスに触りたい ピエール=オーギュスト・ルノワール「踊り子」(1874年)ねぇ、どうこの絵? 可愛いって思う? ま、あんまり可愛いとは言われないんだけどね。そこがちょっと残念。そりゃあもちろん、少し恥ずかしかったわよ。 …

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(国立美術館)04

第二章 印象派 印象派について今更きちんと述べずとも、 この絵を観れば、印象画家の醍醐味は十分に伝わるはず。 この章でご紹介するモネ、ルノワール、カサット。 三人の描く世界をそのまま感じる、それがそのまま印象派の世界だと思うのです。 3.光の層…