読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
たまに映画、展覧会、音楽など。

「ルーブル美術館展」(国立西洋美術館)

高知は、春まっさかりです。
桜舞い散る昼下がり。
友だちと一緒に食べたご飯は本当に美味しかった。


ルーブル美術館展(国立西洋美術館)鑑賞。

今回は17世紀のヨーロッパ絵画。
17世紀は大航海と、科学革命の時代であると同時に、
飢餓と貧困の時代であったそうです。

その時代、絵画はルネサンス以降の盛期を迎えます。
レンブラントフェルメール、クロード・ドラン、ルーベンス、ベラスケスなどを巨匠が勢ぞろい。

今回は、ルーブル美術館展を通して、
特に私がいいなと思った作品を紹介します。


フェルメール『レースを編む女』

彼女の指先に思わず目がすいよせられてしまいます。
その細やかな、佇まい。
フェルメールはオランダでパトロンの絵を描いていた人だけれど、
彼の描き出す人というのは、
美しいというよりも、素朴な正さがあると思う。
3世紀以上のときを経て今にまで伝わる絵画だけれど、
ここに描かれている女は、時を飛び越えていまだに存在している。
少し、畏怖の念を覚えるなぁと。

あとはクロード・ロラン、
クリュセイスをを父親の元に返すオデュッセウス』。

光の輝きによって効果的に描き出される古代の神秘さと、
17世紀の当時の船の様子がリアルに描き込まれている。
授業でよく彼の絵が登場していたんだけれど、
本物の、光のまばゆきは、
息をのみ、感動してしまうほど。

それではまた。