読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
たまに映画、展覧会、音楽など。

演劇「ねこねこでんわ」(小劇場楽園・下北沢)

「解釈は自由である」
「物事は底辺からはじまる」

そんな言葉が飛び交う演劇を見た。
まさに言葉が“飛び交”っていて、劇中ずっと何かしら言葉が発せられていた。
面白いのは、登場人物の台詞ひとつひとつにそんなに意味はなく、
言葉の乱取り稽古に近いような、
シュールな演劇にふさわしい、台詞の掛け合いが続いた。
意味(意図)を考えようとすると、展開についていけなくなる、
なんともシュールな1時間半。

でも、はっとする言葉がいくつかあって(それが冒頭の台詞)
そんな台詞は劇中に何度も繰り返され、観客の頭の中に刷り込まれる。
家に帰ってふと出てきた言葉がこれだった。

つまりは、人と人とのコミュニケーションも
実はそんなに言葉が意味をなしていないのかもしれない。
言葉は記号であって、自分が発した瞬間、自分のものではなくなる。
相手の受け取り次第で、言葉にどんな形にも姿を変えることができるのだ。
刺す言葉になったり、救う言葉になったり、
全くトビラを開かない言葉になってしまったり。
言葉というのは思い通りの形のまま、相手に届かないのだと、今回改めて分かった。

メールやパソコンが普及し、人類は言葉を以前より頻繁に使うようになった。
特に書き言葉。つまりは文章を。
でもそれは、あくまで言葉の連なりでしかなく、本当の文章ではないと思う。
あくまで記号上の言葉、伝える手段でしかない言葉。
文学を創る人たちは、言葉を最大限に表現する手段として操ろうとしている。
そんなふうに言葉を使いたい。
ただ、言葉の瓦礫をやみくもに破片をみつけてつなげるのではなく、
言葉の原石を自分で見つけて時には磨いて、ここぞというときに出す。
そんなふうに言葉を使いたい。