読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
たまに映画、展覧会、音楽など。

村上春樹『騎士団長殺し』

この作品は今後、村上春樹文学論を語るには決して外せない作品になる。

面白さや読みやすさはないけれど、
村上春樹史上の最高傑作かどうかは疑問だけれど、
文学作品として、とても異色で、非常に高度な作品であると思う。


読みながら「ああ、いつもの村上春樹だ」という安心と、
「お、今までの作品にはなかったのに……」という驚きと入り混じっている感じ。
その二つを解いてみると、新しい村上春樹文学論が出てくるのだと思う。

例えば、いつも通り女性にモテて、料理が上手で、
早寝早起きの規則正しい生活を送る主人公に、
人妻とのセックス、リトル・ピープル的存在、人里離れた一人暮らし、
いつも欠かせないお酒とレコード、もうひとつの世界、重たい石…。

白髪の人間は『スプートニクの恋人』を、幼い少女は『海辺のカフカ』を、
色免(めんしき)という人物はまさに『色をもたない…』のつくるの名前のようだし、
登場人物たちも、かつての作品を思い起こさせる。

場面も『羊をめぐる冒険』『ねじまき鳥』のようなものが多い。
村上春樹のベストアルバム的作品なのはきっと、何か意味があってのことなのだろう。
近作もここまで過去の作品と似せていたことはなかったし、
上下巻の色が赤と緑(『ノルウェイの森』と同じ色配置)なのも、何だかうなずける。

その一方で、過去と大きく違う点。
まず目について驚いたのは、主人公の第一人称が「私」だという点(!!!!!!!)。
村上春樹によって第一人称小説「僕」が確立したと言っても過言ではないのに、
何故か、「私」。(でも、主人公は過去の作品とあまり変わり映えがしない)
しかもしかも、会話中では「私」ではなく「僕」と言っている。
新たな「私」なのか、何かを失った「私」なのか。謎をもったまま物語は進んでいく。

ちなみに、『騎士団長殺し』……このタイトルは二重構造になっていて、
その過激さも珍しい。


あと2つ、特筆すべき点があるけれど、ここでは細かいことは伏せる。

一つはサイドストーリー(他の登場人物の過去)に描かれているエピソードだけれど、
よくぞまあ書いたものだ、と驚いたし、明らかに他と比べて温度が違った。
なぜかそこだけが、残虐で過酷なシーンを背負っているかのようだった。

もうひとつは、最終章。
過去の作品にはない主人公のラストと、
「ここではこれ以上は書かないぞ」という意思を感じさせる、数行のシーン。
けれど、そこに描かれているものが過去の村上の作品にない以上、
新たなものを生み出してしまったような気がして、私は怖かった。
(怖いシーンというより、書いてしまった村上春樹に恐怖したというのが正しい)


主人公は結局、何を描き・何を描けなくなり、
少女はどこへ迷い、何を得て戻ってきたのか、

そして主人公は、何を得て、何を再び失い、何を覆い隠したのか。
そんな得るもの・失うもの・生み出すものなどが錯綜するラスト……。


文体もどこか堅く、過去のように敢えて文体で遊ぶようなこともなく、
淡々と描かれていく、細かい絵の描写のように。
ゆえに、ストーリー的な面白さはないけれど、村上春樹のなかでは、
「もうこれで最後」という気持ちを感じさせる迫力があった。

少なくとも、続編はないだろう。