読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
たまに映画、展覧会、音楽など。

読書日記。

高知こどもの図書館で開かれている読書会というのに参加してきた。
こどもの図書館だけあって、課題になる本はこども向けの本ばかり。
一回目の課題図書は『サマー オブ パールズ』。
最近の子どもがこんな本を読むのかぁと。

この本は、主人公の男の子が好きな女の子に真珠の指輪をプレゼントしようと、ひと夏かけてお金を貯める話
20万をひと夏で儲けるのは至難の業
しかし彼は、いろんなことをしてどうにか20万を手に入れるんですが……。

今時の中学生はやることがでかい!!
20万の真珠に指輪なんて。中学生は筆箱とか雑貨でいいの
でもこの男の子、鈍感で純粋なのでなんか憎めなくって、いいキャラです
久々にこういう若い人向けの本を読むと新鮮で、恋っていいなぁ〜って思っちゃいました。

二回目の課題図書は『DIVE!!』
来ました、映画にもなったDIVE。
面白いんだろうかと若干怪しみながらも読み始める。
そしたら面白いの! やっぱりこの作家はすごい。

三人の飛び込み選手を描いた物語なんだけど、
三人が三人とも個性いっぱいで、頑張ってて、きらきらしてて
スポーツに熱中するという、高校生以来自分で体験していないことを、
久々にこの本で味わいました 。

競泳が人気すぎで、ちょっとすさんでる飛込みですが、
飛び込みの世界がこんなにも過酷で、
1秒あまりの時間で全てが決まるっていう
残酷なスポーツだとは正直知らなかった。

でも、決まったときの快感もまた格別みたい。
全くしぶきを上げずに入水する(ノースプラッシュ)ことが出来たり、
一回多く回ることができたり……。
読んでると、こっちも飛び込みしてるみたいで気持ちよくなる。

飛び込みにハマるほど、学校の友達とは離れていく。
失恋したり、全然友達と遊ぶこともできなくなる。
そんなことがありつつも、飛び込み続ける三人。
ラストは思いのほか残念だったけど、四冊一気に読める(一日で三冊読んでしまった)、
とっても涼しげの青春小説。

そのほか、『西の魔女が死んだ』『11月の扉』など、
最近ずっと読んでなかったテイストの本をいっぱい読んでみました。
こういう小説も、悪くない。

平和だし、心が明るくなる。